アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

50代のお手入れ・スキンケア

50代のお手入れ・スキンケア

アンチエイジングを目指す50代のためのスキンケア法と、ケアのポイントを紹介していきます。

50代のスキンケアのポイントは?

50代の肌は、ホルモンバランスの乱れから、不安定になります。
そのため、突然敏感肌になる人も多い年代とも言えます。色々な化粧品を試してはやめる、といったことを繰り返して肌に負担をかけすぎると、余計に痛めてしまいます。

50代のスキンケアでは、敏感肌にも使える肌に負担の少ないアンチエイジング化粧品を選んで。

肌の乾燥が進むため、保湿力がしっかりと発揮されるアンチエイジング化粧品の使用がベストです。
更年期の症状で肌の状態が悪化している場合は、医療機関の受診も視野に入れる事をおすすめします。

50代のスキンケア法をチェック

子育て、仕事、介護など、やるべきことがたくさん押し寄せる50代には、若い頃とは違った忙しさがあります。時間をかけずにできるシンプルケアを意識したアンチエイジング化粧品を選び、毎日のお手入れを積み重ねていきましょう。

  • 1.洗顔、保湿
    皮脂の分泌が少なくなっているので、洗顔料を使わずぬるま湯で洗う程度で十分です。乾燥しやすいので、洗顔後はすぐに保湿を行います。長くても30秒以内に洗顔を終了できるよう、手早さを意識して。
    ローションやクリームなどで顔全体を保湿した後は、目元にもう一度重ね塗りをして集中ケア。手のひらを使い、目元を覆うように温めると効果的です。
  • 2.下から上へ、を心がけて
    アンチエイジング化粧品を顔全体に塗り終えた後は、成分が浸透するように手のひらで顔をプレスしていきます。しわを伸ばすようなイメージで、手のひらを下から上へと動かしましょう
  • 3.入浴後の保湿
    入浴後は体が温まり、美容成分が肌に浸透しやすい状態。首筋や生え際まで、丁寧に保湿するよう心がけます。
  • 4.早めの就寝で美肌づくり
    質のよい睡眠は、肌の修復や再生に効果的という話もあります。夜更かしをすると肌に出やすい年齢でもあるので、早寝の習慣をつけましょう
  • 5.時には集中パックでスペシャルケアを
    ほうれい線など、乾燥やしわが気になる箇所にスキンケア化粧品をたっぷりつけて、10分ほどパックシートで覆います
    長く置く方が効果があると考えがちですが、長過ぎるパックは肌に負担をかけるので、10分以内が基本です。

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング