アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

60代のお手入れ・スキンケア

60代のお手入れ・スキンケア

アンチエイジングを目指す60代のためのスキンケア法と、ケアのポイントを紹介していきます。

60代のスキンケアのポイントは?

60代の肌は、皮脂の分泌量が赤ちゃんと同じぐらいまで減少しています。スキンケアでは、皮脂を落としすぎないことを心がけましょう。
そのためには、洗顔や入浴の際のお湯の温度にも注意が必要です。熱めの設定は避け、40度程度にしておくほうがベター。その上で、加齢によって肌から失われた水分を、スキンケアでしっかりと浸透させます。

使用するアンチエイジング化粧品は、肌にやさしいものを選びましょう。敏感肌でも使える化粧品だと安心です。
1週間に一度はノーメイクの日を作り、肌を休めることも意識してみましょう。

60代のスキンケア法をチェック

気づいたら使う化粧品の数が増えているという人も多い60代。でも、スキンケアジプシーになってあれこれ化粧品を変えていると、肌への負担を増やしてしまい、トラブルを呼び込む事も。
できるだけシンプルなスキンケアを心がけましょう。

  • 1.ぬるま湯洗顔
    皮脂を落とさないよう、30度前後のぬるま湯を使います。洗顔後、蒸しタオルで肌を柔らかくしてからスキンケアすると、化粧品の成分が浸透しやすくなります。
    目元や口元、小じわなどに化粧品を重ねづけした後、両手で顔を覆い、肌が手に吸い付いてくるまでたっぷりと保湿しましょう。
  • 2.メイクの仕上げに保湿
    メイクが終わったら、手のひらに保湿剤を伸ばし、顔全体を軽く押さえて保湿します。乾燥を防ぐだけでなく、化粧浮きをおさえる効果もあります。
  • 3.手や首もとも保湿を意識
    手や首なども年齢が出やすい場所です。顔のケアを終えた後に残った化粧品は、首や指先、手の甲にも塗りこんで保湿をしていきましょう。
  • 4.帰宅後すぐのメイク落としを習慣づける
    メイクの上からは、排気ガスなどの汚れが付着している可能性も。メイクしている時間が長いほど肌への負担もかかるため、帰宅後はすぐにメイク落としをする習慣にするのがおすすめです。
  • 5.就寝前に念入りに保湿を
    繰り返し保湿することを習慣づけて。寝る前には首までしっかりと化粧品を浸透させ、できるだけ早めの時簡に就寝することを心がけましょう。

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング