アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

アンチエイジング化粧品 HOME » 【年代別】エイジングケア講座 » プレエイジング世代(20代)のエイジングケア講座

プレエイジング世代(20代)のエイジングケア講座

20代からのエイジングケア・アンチエイジング講座

「エイジングケアやアンチエイジングの化粧品を選ぶのはまだ早い…」と思っていませんか?20代からエイジングケアをしておけば、将来の老け肌に悩む可能性がグンと低くなりますよ。

20代からのアンチエイジングが将来を分ける!

20代でアンチエイジングはまだ早い!と思っていませんか? 実は、最近は25歳くらいからアンチエイジングを始めるのが常識になりつつあるんです。

医学的には25歳から30歳までが美しさのピークと言われています。ですから、アンチエイジングというと、年齢を感じ始めた30代、40代から始めるもの…と思う人が多いかもしれません。

でも、ちょっと違う視点から考えてみてください。
25歳が絶頂期で、その頃からアンチエイジングを始めるということは、肌や髪、プロポーションがもっとも美しい状態をキープしようと努力するということになります。
落ちて来た状態から持ち直そうとするよりも、落ちる前に引き上げる方が効果が出やすいですし、着地点も先に伸びると思いませんか?

スキンケアを見直そう

お肌の曲がり角を迎える25歳からアンチエイジングを始めておくと、誓い未来に出てくる肌の悩みを予防しやすくなります。
そもそもなぜ「曲がり角」といわれるのかというと、表皮を覆う皮脂腺が衰え始めるのが25歳ごろだからなんです。

皮脂の分泌量が変わると、角質層が固くなり、毛穴が目立ちやすい状態になります。このころから肌の乾燥が始まる人もいます。
20代のスキンケアでは、皮脂を落としすぎない工夫と、毛穴ケアが重要になってきます。

この時期気をつけたいのは、間違ったスキンケアを覚えないこと。

30代、40代で起こる肌トラブルの多くは、20代からの間違ったケアによるものも多いからです。
今行っているケアは正しい方法なのか? ぜひ、一度振り返ってみてください。

20代からしておくべきスキンケア

では、正しいスキンケアとは何なのか?
ここでは、20代からしておくべきスキンケア、アンチエイジング対策のポイントを紹介したいと思います。

  • 1.洗顔で肌をこすらない
    皮脂が気になるオイリー肌では、洗顔料をしっかりと泡立て、手のひらで包みこむようにして洗います。皮膚をゴシゴシこするのはNG洗顔後はすぐに保湿を行い、乾燥しないように心がけます。
  • 2.気になる毛穴はマッサージで解消
    毛穴が気になるときには、クリームやゲル状の保湿剤でマッサージを。汚れが出てきたらコットンでふき取ります。剥がすタイプの毛穴パックは、刺激が強く、かえって毛穴を広げてしまうこともあるので避けましょう。
  • 3.化粧落としはしっかりと!
    疲れていてもメイク落としは忘れずに行いましょう。落とした後はたっぷりと保湿して、一日の肌の疲れを休めます。
  • 4.乾燥は重ねづけやパックで対策
    目元など、部分的に乾燥が気になるところは、保湿剤を重ねづけして重点的に保湿します。手のひらを当てるなどして温めると成分が浸透しやすくなります。本格的に乾燥が気になる時には、クリームやジェルを多めに塗って、手のひらで包み込むようにハンドプレスをしてみてください。
  • 5.週に1度のピーリングケア
    週に1度のピーリングで、肌にたまった角質を落とすと、くすみが抜けやすくなるほか、化粧品も浸透しやすい状態を保ちましょう。やりすぎは肌に負担をかけ、かえって状態を悪くするので注意して。
    ピーリング後の肌は、古い角質が剥がされた状態なので、しっかり保湿しましょう。手のひらが肌に吸い付けばOKです。

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング