アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

コラーゲン

アンチエイジングに必要な保湿成分「コラーゲン」

保湿成分で有名な「コラーゲン」に関して、アンチエイジングという視点から解説しています。

コラーゲンとアンチエイジングの関係

フカヒレや豚足など、ゼラチン質のプルプルした食べ物としても知られるコラーゲン。実は、人の体を構成するたんぱく質の約30%がコラーゲンといわれていて、目の水晶体や角膜、髪やツメ、そして骨や関節などにも存在しています。

もちろん、肌にとってもコラーゲンは大切です。
細胞と細胞の間に、編目のように存在するコラーゲンが、肌の弾力を作り上げる働きをしています。
そのため、コラーゲンをたくさん持った肌は弾力がありみずみずしく、反対に減ってくると弾力が衰え、たるみが目立つようになってくるのです。

コラーゲンが不足すると、どうなる?

コラーゲンが足りていないと、肌荒れを起こしたり、血管の中の細胞が剥落して出血を起こすことも。健康な皮膚を保つために、コラーゲンはなくてはならないものです。

年齢を重ねると、重力に逆らえず、頬やまぶたが下がるようになってきます。
これは肌のコラーゲンが減少したために起こります。年齢とともにコラーゲンを体内で生み出す力が減ってくるので、放っておくとしわやたるみなど、肌が老化する原因にもなってしまうんです。

肌に弾力をもたらすコラーゲンが減ってくると、肌は充分な水分を溜め込む事ができなくなり、ターンオーバーで再生される肌の質も落ちてしまいます。
これを防ぐには、化粧品やサプリメント、食事などでの補給が必要になってきます。

コラーゲン不足は化粧品で解消できる?

肌にコラーゲンを増やすためには、コラーゲンを生成するための栄養を肌の奥にある真皮層まで浸透させることが大切です。
肌のコラーゲンが増えると、抱え込める水分量が上がり、肌を覆っている角質層にも透明感が生まれます

化粧品としては、保湿成分としてその効果を発揮します。低分子のものを選べば、保湿効果はよりアップします。

ちなみに、コラーゲンは単体で摂るよりも、ビタミンCを一緒に摂るほうがベターです。紫外線を浴びるほか、喫煙などでもビタミンCは破壊されてしまうので、こまめに補給するように意識してみてくださいね。

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング