アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

ビーグレン

ビーグレンのページ画像

話題のアンチエイジング化粧品「ビーグレン」の口コミ、おすすめポイントや特徴などの商品にかんする情報を載せています。

ビーグレンの口コミ

口コミの画像一瓶使い終わると、洗顔後の肌がつるつるすべすべに!
ビーグレンは以前からラインで使っています。そんな中、リニューアル後のこの保湿ジェルを試してみたところ、初めはつけ心地がとてもさっぱりしていて可もなく不可もなくといった感じでした。
だけど、一瓶使い終わってみてびっくり!なんと洗顔後の肌がものすごくつるつるすべすべになっていたんです!
ただ欲を言えば、スパチュラを使うのが面倒なので、ポンプ式だとうれしいな。
口コミの画像軽く柔らかいテクスチャーで、肌がふっくらするような感じ
テクスチャーはふわふわのホイップクリームのような軽くて柔らかい感じ。
付け心地も軽いし伸びがよくて、ベタベタしないところが気に入りました。
これを使ってから、肌がふっくらしてきた気がします。
口コミの画像乾燥する季節でも、しっかり潤ってくれる♪
使用開始してからなんとなく顔の筋肉がはってきたような気がします。
外からだけじゃなく中から効いている感じなのかな。
高い商品ってもったいなくてついつい使う量を少なくしてしまいそうになりますが、乾燥しているときは思い切って二度づけしたりしています。
保湿性が高く、乾燥する季節にも潤いをしっかりキープできるので、とっても重宝しそうな予感です。

ビーグレンの注目3ポイント ~みんなが気に入る理由とは?~

肌トラブルに特化して作られた化粧品
ビーグレンの特徴のひとつに、特定の肌トラブルに注目して作られている、という点があります。深刻なエイジングケアに特化して作られた化粧品だからこそ、肌の悩みをしっかりと改善できるんです。

肌への浸透力が高い
複数の有効成分を1つのカプセルに閉じ込め、必要とする箇所まで確実に届けることで、長時間にわたり効果を持続することができるサイエンステクノロジー「QuSome」を採用。
肌に浸透しにくい成分も角層の奥まで浸透させることができます。

少ない量で高い効果を発揮する
少量で効果を発揮するため、肌への負担が少ないとも言われています。特にCセラムはつけすぎると乾燥してしまうことも有り得るため、ごく少量を使用するだけでOK。
その点を考えると、コストパフォーマンスにも優れていると言えるでしょう。

しわのない素肌を目指す人にオススメな化粧品

しわを集中的にケアしたい人には、ビーグレンのお悩み別セット「エイジングケア4点セット」がおすすめ。このシリーズには、独自の複合成分QuSomeコンプレックスが配合されていて、肌にたっぷりうるおいを与えてくれます。

さらに、高濃度ビタミンC「ピュアビタミンC」が配合された美容液「Cセラム」が、角層の奥までアプローチします。

美容液に重ねて使用するゲルが長時間うるおいを持続する肌を育て、エモリエント効果の高いクリームが乾燥による肌荒れを防ぐことにより、肌のコンディションの低下を防ぎ、ふっくらとハリのある肌へと導いてくれるセットです。

トライアルセットもあるので、まずは気軽にお試しから始めてみてくださいね。

商品ラインナップと配合美容成分

アンチエイジングにおすすめな化粧品「ビーグレン」10-YBローション
150ml/5,400円
主要配合成分(保湿成分):PCA-Na、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na

アンチエイジングにおすすめな化粧品「ビーグレン」Cセラム
15ml/5,076円
主要配合成分(保湿成分):PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7

アンチエイジングにおすすめな化粧品「ビーグレン」Qusomeモイスチャーゲルクリーム
30g/6,480円
主要配合成分(保湿成分):スクワラン、ハイビスカス花発酵液、乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液、加水分解ローヤルゼリータンパク、ナンキョウソウエキス、ほか

アンチエイジングにおすすめな化粧品「ビーグレン」Qusomeモイスチャーリッチクリーム
30g/10,800円
主要配合成分(保湿成分):スクワラン、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、ショクヨウダイオウ根エキス、ゲンチアナ根エキス、加水分解コラーゲン、ほか

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング