アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

ビーグレン体験談

アンチエイジングにおすすめな化粧品「イオナアール」

アンチエイジングに良いとされる化粧品「ビーグレン」をレポートしています。

ビーグレンの「Cセラム」、ここが魅力!

意外に保湿力が高いビーグレン「Cセラム」

アンチエイジングにおすすめな化粧品「ビーグレンのCセラム」口コミで人気のビーグレンの「Cセラム」を試してみました!
ビーグレンの「Cセラム」は、ニキビやニキビ跡、シミ、毛穴、たるみなどの肌トラブル改善に欠かせないビタミンCを高濃度で配合しているエイジングケア用の美容液です。

このCセラムの特徴は、肌に浸透しにくいといわれているビタミンCを、独自の浸透技術QuSomeで毛穴の奥まで届けることができるということ。これにより、過剰に分泌される皮脂を抑えてニキビ菌の増殖を防ぐ効果を発揮します。

ビタミンC入りの美容液なので、シミやニキビ跡などの対策として購入する人が多いようですが、実は保湿力も結構高いんです。ビタミンC入りの化粧品って、基本的に乾燥しやすい使用感のものが多いので、これは嬉しいですね!

初日の印象、使い心地

今回はエイジングケアプログラムのトライアルセットをお試し。
初日はステップに従い、「化粧水→美容液(Cセラム)→ゲル→クリーム」の順で使用してみました。

アンチエイジングにおすすめな化粧品「ビーグレン」使用感ビタミンCが感じられる使い心地
イオナのエモリエントクリームを試した後だったので、ローションとCセラムがかなりサラッとしたテクスチャーなのに戸惑いました(笑)
ゲル、クリームまで重ねると、しっとりした仕上がりになります。

私自身は香料の強い香りとかの方が苦手なので気になりませんでしたが、若干油のようなにおいがします。こういうにおいが気になる、という人もいるかもしれません。
つけてしばらく置くとにおいはしなくなるので、問題視するほどではないと思います。

Cセラムの使い心地は、ちょっと面白いです。肌に伸ばすと、ポッと温かくなる感じがするんですね。
最初、ビタミンC美容液なので、刺激が強いのかな?と思ったのですが、ピリピリする感じでもなく。「成分が浸透してる!」って感覚がしました。

【体験談】1週間使ってみた感想は?

最初のうちは少し肌がつっぱる感じがしたり、乾燥気味になったりと、肌に合わないように感じました。…が、よくよく調べてみると、使い方にはコツがあったんです。

Cセラムを使う際は、

  • つけすぎない(顔全体に薄くのばす)
  • 重ねづけをしない(目の下やほうれい線にやってしまってました)
  • どうしても乾燥が気になる場合は、上から保湿ゲルやローションを使用

ということを意識しないといけないそうです。

これを守るようにしてから、しっとりうるおった仕上がりになりました。

Cセラム単体で使うことは前提にしていないようなので、Cセラムだけでもそこそこうるおいますが、私としてはセットで使用した方が肌の状態が良かったです。

1週間続けてみると、くすみが抜けた感じがしました。
シミについては、もともと目立つものはなかったので何ともいえないのですが、肌全体がトーンアップしたような印象なので、少し薄くなったのかも…?

ビーグレンを試してみる>>

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング