アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

おでこ・頬

シミのイメージ画

おでこと頬にシミができる原因やシミに効果のある成分のほかに、スキンケアやオススメ化粧品を紹介します。

おでこと頬にシミができる原因

おでこと頬にシミができる原因はさまざまありますが、ここでは以下の3つについて説明します。

  • 1 紫外線によるシミ
    紫外線を浴びたことでメラニンが大量に作られ、そのメラニンがうまく排出されずに肌に残ってしまったものを、老人性色素斑といいます。
    おでこや頬骨、こめかみのあたりなど、紫外線の当たりやすい場所に多く見られます。
  • 2 ストレスによるシミ
    おでこのシミは、ストレスの影響からホルモン分泌の異常をきたしたことによってできるものがあります。脳下垂体の異常(性腺ホルモン分泌異常、卵巣ホルモン分泌異常、 副腎皮質ホルモン分泌異常)が原因と考えられています。
  • 3 内臓の不調によるシミ
    肝臓や腎臓などの内臓が弱っていると、おでこや頬にシミが出やすくなります。

おでこと頬のシミを消すスキンケアはこれ!

一度できたシミは、色が濃くなるほど薄くするのはむずかしくなりますが、スキンケアだけでも薄くなるシミもあります。
まず、日ごろからクレンジングと洗顔でメイクと汚れをきちんと落とし、化粧水や美容液で保湿しながら、気になるところにビタミンC誘導体や高濃度の美白成分を配合したものを使用すると効果的です。

そして、なんといっても紫外線対策が重要

日焼け止めクリームを塗ることは、シミの原因となる紫外線を遮断する働きがあるので非常に効果があります。
そして、日焼け止めは紫外線B波(UVB)をブロックする効果が高い、SPF値が高いものを選びましょう。

日焼けをすると肌が赤くなるのは、紫外線B波が肌を赤くし、炎症を引き起こすためです。
また、肌に炎症を起こすだけでなくメラニン色素を増加させシミの原因、シミを濃くする原因になります。充分な日焼け対策でシミが濃くなるのを避けましょう。

おでこや頬のシミに効果的な化粧品は?

おでこや頬のシミを消したい方は、以下の成分に注目して化粧品を選ぶとよいでしょう。

エナジーシグナルAMP、レチノールなどの成分は、ターンオーバーを促進し、肌で生成されたメラニンを肌から追い出す効果があります。

また、ビタミンC、ハイドロキノンなどの成分は、黒色メラニンを淡色化するので、肌のメラニン色素を薄くする効果があります。

ドモホルンリンクルの美活肌エキスは、肌の奥まで届く浸透活性型ビタミンCや、過剰にメラニンがつくられる前にダメージから肌を守る自己回復タンパクに作用するルーマニアアルニカエキス成分が配合されているので、おでこや頬のシミにおすすめです。

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング