アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

そばかす

シミのイメージ画

ソバカスができる原因や効果のある成分のほかに、スキンケアやオススメ化粧品を紹介します。

そばかすができる原因ってなに?

突然ですが、雀卵斑(じゃくらんはん)とよばれるシミをご存知ですか?
雀卵斑は、私たちが「そばかす」と呼んでいるのと同じものなのです。

一般的には小さいシミのことをそばかすと呼んでいますが、厳密にいうと、そばかすは遺伝が原因でできるものをさします。
遺伝によってできるそばかすは老化現象とは限らず、10代の頃からできはじめ、小さく茶色いシミが鼻周辺にできるのが特徴です。

また、そばかすの形はシミと異なり、三角や四角の場合が多いのも特徴です。
薄くて小さいシミのすべてがそばかすとは限らないので、迷ったら形を確認してみましょう。

日焼け後にできたそばかすには、メラニン抑制効果のある化粧品でケアを!

小児期に出現した遺伝要素の強いそばかすは、思春期以降になると自然に数も減って薄くもなりますが、度重なる紫外線などによって色が濃くなったり残ったりもします。

急激な日焼けの後にそばかすができた、というのは遺伝的なものではなく後天的な要素が強く、老人性色素斑の初期段階であることが多いので、そういう場合にはメラニン抑制効果のある化粧品でケアをするとよいでしょう。
メラニン抑制効果のある成分は、ビタミンC、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノールなどがあります。

そばかすケアにおすすめの化粧品は?

日焼けで濃くなってしまったそばかすには、メラニンを抑制するビタミンC、ハイドロキノン、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノールなどが配合された化粧品を選ぶことが大切です。

そばかすを薄くしたい方には、メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防いでくれる美白有効成分のビタミンC誘導体が配合された、ライスフォースのディープモイスチャーローションがおすすめです。

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング