アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

アンチエイジング化粧品 HOME » 【お悩み別】アンチエイジング講座 » 「しわ」悩みの人のためのアンチエイジング講座

「しわ」悩みの人のためのアンチエイジング講座

しわのイメージ画

ここでは、加齢により増える「しわ」について、その種類としわができる原因をご紹介。しわ対策にオススメの化粧品もピックアップしています。

しわの種類

ふと鏡を見ると、「またしわが増えたみたい……」ということがありませんか?
しわは、加齢や乾燥、紫外線など、様々な原因がきっかけで作られます。

しわには、次のようなものがあります。

  • ちりめんじわ(小じわ)
    ちりめんじわは、乾燥した肌に現れる浅く細かいしわです。
    表皮の角層にでき、主に目元、目尻、などに多く見られます。
    ちりめんじわは乾燥じわとも呼ばれ、加齢とともに表皮の角質細胞に含まれるアミノ酸や、角質細胞どうしをつなぐ細胞間脂質が減少することによって、肌の保湿力が低下し、しわとなって現れます。
  • 表情じわ(おでこのしわ、目尻のしわ)
    表情じわとは、表情をつくるときにできるしわが、普段も残ったままになる状態のことを指し、目尻や眉間、額や鼻根部などに現れます。
    加齢や紫外線の影響で肌が乾燥し、コラーゲンやエラスチンが壊れているときに同じ表情を何度も繰り返すと、しわが元に戻らず肌に記憶されるため、それが表情じわとなります。
  • 真皮じわ(ほうれい線、首のしわ、ゴルゴ線、口元のしわ、マリオネットライン)
    はっきりと見えるしわのほとんどは、コラーゲンに深く刻まれた真皮のしわのことを指します。
    老化や紫外線で皮膚の弾力性がなくなったり、皮下脂肪の増減や重力により、表面の皮膚がたるむことで生じます。
    たるみによるしわは、顔の皮下脂肪が垂れ下がってできる深いしわです。目の下(ゴルゴ線)、ほうれい線、口元のしわ(マリオネットライン)、首などに現れます。

しわができる原因と対策

しわができる原因は、乾燥と紫外線によるダメージ、加齢による表情筋の衰えなどがあります。
また、皮下脂肪が増えると重力によって垂れ下がることも、しわができる原因のひとつです。
加齢のほかにも、長時間のデスクワークや猫背など、生活習慣によるものがあります。

しわを深くしないためにできることは、次の3点です。

  • 1)しっかり保湿をし、うるおいを維持する
    人間の体に水分が必要なように、肌もうるおいがあると、生まれ変わりも働きも、スムーズです。
  • 2)コラーゲン線維を壊さない
    マッサージはもちろん、顔に触れるときはやさしく丁寧に!
  • 3)コラーゲン線維をつくるたんぱく質とビタミンを、毎日しっかり摂る
    動物性と植物性のタンパク質をバランスよく食べる。肉類や魚介類、たまご、乳製品、豆乳、大豆などがおすすめ。

種類別にチェック!しわを解消するためのスキンケア

ほうれい線解消のスキンケアをチェック!クリック!

目尻のしわ解消のスキンケアをチェック!クリック!

ゴルゴ線解消のスキンケアをチェック!クリック!

口元・マリオネットライン解消のスキンケアをチェック!クリック!

おでこのシワ解消のスキンケアをチェック!クリック!

首のシワ解消のスキンケアをチェック!クリック!

しわ対策におすすめの化粧品

深いしわでお悩みの場合、保湿力に優れたイオナアールやアスタリフトなどがおすすめです。

また、ディセンシア アヤナスは敏感肌向けラインなので、肌が弱い人に適しています。メーカーごとに保湿成分がそれぞれ異なるため、まずはお試しセットなどを利用し、どれが自分の肌に合うかを試してみるのがよいでしょう。

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング