アンチエイジング大学 1から知るエイジングケアの化粧品・お手入れ

アンチエイジングでオススメな化粧品やお手入れ方法をチェック!

フェイスライン

たるみのイメージ画

フェイスラインのたるみの原因や解消法に加えて、フェイスラインのたるみに効果のある成分やオススメな化粧品を紹介していきます。

顏がたるむ原因

しみやしわと同様、頬のたるみは女性が最も嫌う老化現象のひとつです。
見た目年齢を上げやすい顔のたるみは、人によって10歳は老けて見えてしまうことも。
そんな顔のたるみを引き起こす原因は、主に以下の6つです。

  • 1 加齢
    年と共に真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少し、ヒアルロン酸は、40代になると赤ちゃんのヒアルロン酸量の約半分程度になってしまいます。
  • 2 表情筋・深層筋の衰え
    表情筋が衰えると、表情筋の上にある脂肪や皮膚を支えられなくなります。
    深層筋が衰えると、表情筋が支えられなくなったり、肌に栄養がいきわたらなくなります。
  • 3 猫背・姿勢の悪さ
    顔の筋肉は頭や首と繋がっています。
    猫背で顔を突き出すような悪い姿勢は、首の後ろ側が縮み、首の前部分が伸びるため、頬が下方向に引っ張られてしまうのです。
  • 4 紫外線によるダメージ
    紫外線は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す細胞にダメージを与えます。その結果、肌の弾力が失われ、肌がたるみます。
  • 5 生活習慣
    食生活のバランスが悪いと十分な栄養がいきわたらず、肌のハリが失われます。
    また、睡眠不足も肌のたるみの原因となります。
  • 6 乾燥
    肌が乾燥した状態になると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、肌のたるみにつながります。

フェイスラインのたるみ予防・解消法

以上のように、一言で「たるみ」と言っても原因はさまざまあり、複数の原因が複合的に絡み合って、顔のたるみを引き起こしています。
たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスラインのマッサージや頭皮のマッサージ

マッサージを行うときの重要ポイントは、肌を引っぱらないことです。
鏡を見て、自分の指でシワを作っていたら力が入っているサインなので注意して!

マッサージクリームは、力をかけさせない、摩擦を起こさせないためにあります。
基礎化粧品の大半はなじみのよさ、というのが大事なポイントだと思うのですが、マッサージをするという観点からは、こっくりしたテクスチャーの物がおすすめです。

顏のたるみに効果的な化粧品は?

顏のたるみを改善するには、保湿効果が高く、肌にうるおいをしっかりと与える化粧品でケアをするのが効果的です。

マッサージにおすすめなのが、オラクルのナイトクリーム クリーム・ルネサンス。こっくりしたテクスチャーに加え、アンチエイジングに有効なオオタネニンジンエキスやカカオ脂、イランイラン、ゼラニウムなどのエッセンシャルオイルが配合されているので、マッサージで肌の緊張と疲れをほぐすのに最適です。

「おすすめ」はコレ!アンチエイジング化粧品ランキング